2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月19日 (土)

畑の様子2014その3

前回の更新から1か月と1週間たってしまい、畑の様子はすっかり変わってしまっています。最近は梅雨も後半に入り、雨の日が多くなり、日に日に畑全体が草でおおわれていくようです。

P7191595
まずはトマトのビニールハウスから。ミニトマトとアイコの1,2段目の収穫が始まりました。ミニトマトは今年もコクがあっておいしいです。大玉トマトも今朝から収穫開始して、調理用トマトも少し色づいてきました。

P7191597
カボチャはどんどんツルを伸ばして成長中です。ここまでツルを伸ばしてくると草取りはとても困難なので、あとは収穫まで放任することになります。草にも負けず、いっぱい収穫できることを期待しています。

P7191599
大豆は定植直後にシカに侵入されて、多くの苗の上部を食い荒らされました。対策のために、以前に田んぼでスズメ除けのために使った使い古しの赤銀テープが残っていたのでそれを、大豆畑の周りに張り巡らしました。その後、シカの侵入はないようでほっとしています。一部、草に覆われ始めたので、天気が回復しだい草取りすることになります。

P7191600
ナスは、定植時のケーフン施肥が効いてきたのか樹勢はよくなってきました。しかし、最初の花はすべてとってしまったので、収穫はもう少し先になりそうです。

P7191606
インゲンは旺盛にツルを伸ばして、1週間前から収穫が始まっています。さらに、2回目と3回目の種まき苗を定植済みで、今日4回目の種をまきました。秋、霜が降りるまで収穫が途切れないようにすることを目指しています。

P7191608_2
ズッキーニは6月下旬から収穫が始まっています。早朝の受粉作業と、朝夕の収穫が日課になっています。写真左手の2畝は定植したばかりの遅植えズッキーニです。8月、9月の収穫を目指しています。

P7191609
スナップエンドウはほぼ、収穫終了です。今年はキヌサヤはやめて、スナップだけに絞ったので、昨年に比べてかなり多くの収量をとることができました。今後は残っている豆を充実させて、自家採種する予定です。

P7191611
毎年、キュウリの活着は遅くて心配させられますが、今年も半分あきらめかけていたのですが、ようやく活着したなと思うと、それからはツルをどんどん伸ばして、先日から収穫が始まりました。これから、8月にかけて収量は伸びていく予定です。

P7191615
スイカです。結局、黒マルチをしないで植えた苗も少し遅れて活着し、旺盛にツルを伸ばしています。なんとかお盆の頃には初収穫できればいいのですが。

P7191618
原則、黒マルチ不使用のほさかた農園ですが、またまた例外がオクラです。昨年ビニールマルチなしでの栽培は見事に失敗しました。南方系のオクラをここ東北の地で作るには、最低限ビニールマルチは必要かなと割り切って、今年は使用しています。ウリハムシやアブラムシのアタックを受けている株もありますが、まずまずの成長を見せています。

P7191619
ジャガイモは28星テントウに大発生を許してしまいました。株が小さい頃に多くの卵を産みつけられてしまったようです。成虫と違って、幼虫は取り除きにくく、今成虫になって葉を食い荒らしているようです。もう、十分イモが太ってくれていることを願うばかりです。天気が回復したら、少しづつ掘りあげる予定です。

P7191620
トウモロコシは、比較的肥えている場所に植えつけたので、昨年よりはずいぶん樹勢がいいようです。しかし、まだ背が伸びきらないうちに雄穂が出てきてしまったので、これでもまだまだ養分不足なんだと思います。今年は、甘いスイートコーンの代表品種ゴールドラッシュを作付けてみました。播種時の発芽率がすごく良かったのは、さすが有名品種だなと思いました。

P7191621
最後に田んぼです。一株一株が旺盛に分けつして、立派な形になってきました。8月に入ると穂が出てくるので、大人の一歩手前という感じです。結局、草取りはほとんど入っていませんが、深水を心掛けているので、ほとんど草は気にならないです。でも、オモダカの白い花はあちこちで咲いています。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »