2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

畑の様子2013

2013年12月 4日 (水)

畑の様子2013その11

12月に入り積雪こそありませんが、毎朝冷え込んで一面霜で真っ白になり、遠野はすっかり冬になっています。畑にはまだ秋野菜が残っていますが、今日大方の大根、白菜は収穫してビニールハウスに移し、越冬体勢に入りました。

Pc040360
大豆はすっかり刈り取って、今はビニールハウスで乾燥させて、順番に脱豆作業を行っています。収穫時に一番晩生の大豆を2列残していたら、その殆どをシカに喰われてしまい、悔しい思いをしました。残ったさやから来年のタネとなる豆を少量ですがかき集めました。

Pc040363
大根、カブ、小松菜などが植わっています。一番最後に種まきした場所なので小さいです。

Pc040378
水菜、小松菜、ほうれん草などです。連日の冷え込みで葉は傷んでいますが、収穫して食べると抜群に甘いです。

Pc040365_2
ほうれん草は一番甘いのか、小さい株なのですが、葉っぱをかじられています。シカだと思うのですが、他の小動物かもしれません。先日少し残していたニンジンも荒らされて喰われてしまいました。

Pc040369
白菜はこの3週間ほど上部を稲わらで縛っていました。大方の白菜はこの後収穫してビニールハウスに移しました。今年はブロッコリーとカリフラワーが収穫皆無でした。肥料分が足りなかったのか花蕾がなかなかできずに冬になってしまいました。

Pc040374
果樹園に今年植え付けした柿の苗木です。これまで柿の苗は何本も植えてきましたが、すべて枯れています。最初から芽が出ないこともあったし、冬を越せないのもありました。「幼木の時は稲わらを幹に巻いて保護しないと越冬は厳しいよ」とのアドバイスを頂いたので、早速実践しました。無事に成長して、干し柿をたくさん作れることを夢見ています。

Pc040356
大根は普通に家の中に保存しておくと、冬が厳しすぎて凍ってしまうので、ビニールハウス内部に穴を掘ってトロ船を埋めて、その中で保存するようにします。

Pc040389
収穫した大根のうち7割くらいをこの中に保存しました。この上にダンボールとビニールをかけておきました。残りの大根は甘酢漬けにしたり、今月中に消費する予定です。

Pc040359
最後に田んぼの様子です。稲刈りの後に元気よく伸びたひこばえもすっかり枯れました。あとしばらくすれば、一面の銀世界になるでしょう。

2013年10月18日 (金)

畑の様子2013その10

おとといの10/16に台風26号が通り抜け、今朝は放射冷却現象で1℃まで冷え込み初霜がおりました。これらのことで、すっかり畑の様子が変わってしまいました。

Pa180111

大豆は台風26号の影響でほとんど倒されてしまっています。いい豆を穫るためには倒れた株は起こしていった方がいいとは思うのですが、作業はなかなか大変です。

Pa180112

一番熟すのが早い黒豆はもうすぐで刈り取り時期です。この時期雨が多いと豆がかびてしまうことがあるので、晴天が続いて欲しいとことです。

Pa180115

秋野菜の葉物類は多少傷つきましたが、影響は比較的軽いです。大根は今晩の夕食のおでんに入れて食べました。ジューシーでとてもおいしかったです。

Pa180117

南方系のオクラは今朝の霜でかなりのダメージを受けています。もう10日ほど前から収穫できていませんでしたが。

Pa180118

わが農園の畑の入り口に立っていた、やまなしの樹の大きな枝が折れてしまいました。移住後に経験した数々の暴風雨や吹雪、爆弾低気圧に耐えてきましたが、今回の台風26号の暴風雨で4本の主枝のうち2本が折れてしまったようです。まだ慣れていないチェンソーを持ち出して、大まかに枝をおとしておきました。

Pa180120

ピーマンはまだまだ収穫できそうでしたが、今朝の霜で葉のダメージがかなりあるので、もう厳しいかもしれません。

Pa180124

ナスも葉がかなりのダメージを受けています。

Pa180122

サトイモも昨日までは普通に元気でしたが、一度の霜で地上部は枯れてしまうようです。近日中に掘りあげ予定です。奥にあるヤマイモも葉が黄変して枯れかかっていてもう収穫じきですね。

Pa180123

今日の午前中、ここの畝にようやくニンニクを植え付けました。ズッキーニの2つの畝に3条ずつ株間、条間ともに20cmで植え付けました。ズッキーニの残渣と敷きわらをどけると、太ミミズが作ったと思われる団粒化した土が表面にごろごろしているので、耕さずに移植ゴテで小穴を掘ってニンニク片を植えつけていきました。ズッキーニの残肥に期待して、無施肥にしました。

Pa180126

ネギは台風26号の風雨ですっかり青い葉は折れてしまっていますが、寒さには強いのですぐに回復して、これから収穫期に入ります。

Pa180130

これはサツマイモです。サツマイモも南方系のものなので、霜が降りると地上部は枯れてしまいます。冷え込みが厳しくなるまえにすべて掘りあげなければなりません。

Pa180109

田んぼは台風26号が来る前に小さい方の田んぼもすべて稲刈り終了しました。あとは、脱穀するだけですが、来週には台風27号が来るかもしれないし、天気とにらめっこの日がしばらく続きます。

2013年10月 8日 (火)

畑の様子2013その9

10月になりましたが、暖かく感じられる日が多い感じがします。畑では夏の終わりに播いた葉物野菜が収穫できるようになってきました。

Imgp0194

まず、大豆です。台風18号の影響で倒れてしまったのが多いですが、品種ごとに順々に実が入りつつあります。枝豆で食べておいしい品種は、少量ですが産直に出荷もしています。来年はこれらの枝豆品種をもっと多く作付けしたいと思っています。

Imgp0196

葉物は何回にも分けてまいています。大根、カブ、小松菜、水菜、二十日大根、春菊、それに今年はホウレンソウも播いています。どうしても間引きが遅れ気味になってしまいます。

Imgp0197

ジャガイモ跡の畑です。白菜が葉を巻き始めました。カリフラワー、ブロッコリーもそれなりに成長しているようです。大根も少しずつ太り始めました。間引いた大根をおろして焼きサンマにかけて食べています。

Imgp0202_2

今年は二季成り性のラズベリーの実が秋に実りました。少量ですが、熟すと母子のどちらかが収穫してヨーグルトに入れて食べているようです。

Imgp0205

ピーマンは秋になってもまだまだ元気です。霜が降りるまで収穫は続きます。

Imgp0206

左側はキャベツ、カリフラワー、白菜、大根など植わっています。ここの成長はイマイチです。右側はナスの畝で、傷は多いですがおいしい秋なすを多く実らせてくれています。

Imgp0207

初夏にキヌサヤを栽培していて、その跡にキャベツを定植しましたが、キヌサヤの残渣から実った種が落ちて発芽して成長して花を咲かせました。このあと実がつくでしょうか?キヌサヤの秋穫りができるかもしれません。

Imgp0209

長ネギは数回に分けて、少量の鶏糞追肥、土寄せを繰り返します。夏の間は虫食いが目立っていましたが、涼しくなって元気が出てきたようです。

Imgp0211

サトイモはもう少しで収穫になります。サトイモは20数個くらいの種芋を植え付けましたが、写真右側から左側にいくにしたがって、大きく成長しているようです。実はさらに左側に大きな木があって、このあたりが日陰になるので、左側のほうが地面が乾きにくく、つまり左にいくにしたがって土壌水分が多いのです。このことから、サトイモは水分が本当に好きなことがわかりました。

サトイモの向こう側はヤマイモです。樹勢は貧弱に見えますが、それでもイモは太っていることを期待しています。

Imgp0216

最初に種から育てたトマトを定植したビニールハウスは、ほぼ収穫終了し片付けに入っています。トウモロコシの固定種ゴールデンバンタムの自家採種のために10数本の実を干しています。トウモロコシの自家採種は初めての経験になります。

Imgp0218

もう一棟のビニールハウスではミニトマトを収穫中です。秋はじっくりゆっくり熟すので糖度が上がりやすく甘いトマトが味わえます。収量は減ってきますが、10月いっぱいくらいは収穫を続けたいです。

Imgp0220

大きい方の田んぼは9月中に稲刈り終了して、はせがけ乾燥中です。実入りの遅れていた小さい方の田んぼは今週やろうと思っているのですが、昨日、今日と雨やくもりでできないでいます。台風24号の進路も気になりますが、はやく秋晴れになってほしいです。

さて、10月6日(日)は第8回遠野市内一周継走大会が開催され、今年も土淵町チームのランナーとして出場してきました。結果は、9チーム中総合8位、厳しい結果になりました。6,7年前は常勝チームで3連覇もしたのですが、その後、2位、3位、4位、6位、8位となってしまっています。優勝した遠野町や、上位入賞したチームはこつこつ練習を重ねているようですし、やはり駅伝は練習にきちんと取り組んだチームが強いことを感じています。

自分は11区2.7kmを走らせてもらい、今回試走ではいいタイムが出なかったのですが、繰り上げスタートのために一緒にスタートを切るランナーがいて、スタート直後からそのランナーの前に出たのですが、ずっと後ろを離れずについてきたので、抜かされるのは絶対いやなので、非常にきつかったですが、ペースを落とさないように粘りの走りをして、後半の峠を登って下りて、中継所に飛びこみタスキをつなぎました。結果は区間3位の9分44秒。2年前より15秒早いタイムでした。今回の練習量から考えるとまずまず走れたかなと思っています。

しかし、やはり一年を通して健康のためにもコツコツ走るのを続けて、来年の大会にはもっといいタイムで走りたいと考えています。

2013年9月13日 (金)

畑の様子2013その8

9月も半ばになり、ここ遠野では暑さを感じることはほとんどなくなり、すっかり秋になった感じです。

Imgp0041

今年の大豆は本当によく育っています。ここまで育つと、風通しが悪くなり、虫害が多くならないか心配になります。

Imgp0042

サヤは少しづつ膨らんできています。この大豆は枝豆で食べてもすごくおいしい品種なので、あともう少しで食べられるので楽しみです。

Imgp0045

ジャガイモ収穫跡の秋野菜畑です。夏の暑いときに定植した白菜は、ウリハムシの食害に苦しめられつつ、なんとか成長しています。キャベツやブロッコリーの方がこの時期は虫害は少ないようです。最初にまいたダイコンやカブも順調に育っています。

Imgp0048
オクラはまだまだ背が低いですが、ぽつぽつ収穫中です。でも暑い期間が短かった今年は、例年に比べて大減収です。

Imgp0049
ピーマンもぼつぼつ収穫中です。やはり暑さが足りないのか、今咲いている花も少なめの感じです。

Imgp0050
ニンジンは今年はこの畝だけの栽培になってしまいました。この畝の他に3回播いたのですが、すべて発芽直後に消えてなくなってしまいました。原因は特定できていませんが、小さい虫に出たばかりの芽を食い荒らされたようです。

Imgp0051
1回目に種まきしたズッキーニはほぼ終了です。現在は2回目に種まきしたズッキーニを収穫中です。

Imgp0052
サトイモは昨年よりはいいですが、もっと大きくなって欲しいですね。もう何回か追肥した方が良かったかもしれません。

Imgp0053
ナスは追肥により樹勢が持ち直しました。ぽつぽつ収穫中ですが、やはり農薬なしでツルツルのきれいなナスを収穫するのは難しいです。

Imgp0056
サツマイモは昨年に比べてツルの伸びは断然いいです。ほんの少々鶏糞を入れただけですが、これならちゃんとしたサツマイモを収穫できそうです。1ヶ月後の芋掘りが楽しみです。

Imgp0060

ミニトマトはわき芽差しから育てた株が収穫期です。ただ、昨年からオオタバコガの幼虫の食害が目立つようになりました。ペットボトルのストチュートラップなど試しましたが、あまり効果がでてないようです。防虫ネットをハウス横に張るとか検討する必要があるかもしれません。

Imgp0040

田んぼは秋色になりつつあります。今年はスズメの食害が全くないようで、田んぼに関しては心おだやかでいられます。晴れていれば黄金色に見えるようになってきました。

2013年8月24日 (土)

畑の様子2013その7

ここ遠野では、お盆を過ぎてもまだまだ日中は暑いですが、朝晩は肌寒さを感じるようになってきています。

Imgp9890

まずは大豆です。旺盛に成長しています。今開花期で、これから9月にかけて豆が充実していきます。今年は9月中旬から10月にかけて枝豆としても食べられるかもしれません。

Imgp9895

カボチャは収穫期になっています。1回目の収穫はもうすでにしていて、1個目のカボチャも食べてみました。ちょっとあっさりしていたので、もう少し置いてからの方がおいしくなるかもしれません。畑に残っているものももうしばらくしたら、収穫して片付けたいと思っています。

Imgp9896

ジャガイモも収穫中です。収穫前に、残渣と草を刈り払い機で刈っています。その後、涼しい時を見計らって、1畝づつ掘りあげています。掘りあげた跡の畝には白菜を定植したり、ダイコン、コカブを播いたりしています。

Imgp9908_2 

別の場所に定植した白菜です。最初に定植したものはウリハムシのアタックがひどくて、すべての葉を喰われたものは再度植え付けています。なんとか食害に耐えた株は新葉をどんどん出して成長していきます。

Imgp9904

ビニールマルチなしで一番生育が厳しかったのがオクラです。草に覆われてしまってあきらめかけたのですが、よく見ると草のなかでもオクラの花が見つかりました。頑張って草を刈ってみると、小さいですが実をつけた株が何本もありました。株間に鶏糞を追肥して、敷きわらしました。今後9月にかけて少しでも収穫できればと期待しています。

Imgp9907

我が農園のキュウリは本来ナス科の害虫である28星テントウの食害が多くあります。キュウリの付け根をかじられてしまうのです。しかしこの時期ほとんど28星テントウの食害はなく、きれいな実が穫れるようになってきました。もうしばらく収穫が続きます。これは、黒さんごです。ぱりぱりおいしいキュウリです。

Imgp9912

ナスは何度か鶏糞の追肥をしてようやく樹勢が安定してきました。こちらも28星テントウが少なくなってきたので、今後の良品の収穫に期待します。

Imgp9916

トウモロコシです。ソーラー電柵のおかげで、動物の食害もなく、ピーターコーンを収穫中です。しかし、トウモロコシは肥料分が少なくても実はつけるのですが、半分くらいしか実が入ってなかったりします。先端までぎっしり実が充実しているトウモロコシは十分な肥料分が必要なようです。手前のクズは私がトウモロコシを収穫した後、剥いた皮を残したものです。右側3列はゴールデンバンタムという固定種のトウモロコシで、収穫まではもう少し先です。

Imgp9913

長ネギは追肥と土寄せをしました。ネギは草に弱いので、きっちりと草取りもしています。

Imgp9917

ミニトマトは順調に収穫中です。樹が疲れ気味なので、2度ほど薄い液肥を播いてみました。そろそろわき芽から育てたミニトマトも色づいてきて収穫が始まります。

Imgp9889

田んぼの様子です。稲穂が出てきて少しづつ稲籾の充実が進み、おじぎするようになってきています。ここまで来れば一安心です。無肥料7年目の田んぼですが、今年もお米はまずまず穫れそうです。

Imgp9887

こちらはもう1枚の小さい方の田んぼです。よく見ると右側と左側で穂の色が違います。右側の方が餅米なのです。昨年まで3年続けて大きい方の田んぼの中央10列ほどで餅米を作っていたので、毎年スズメの食害に遭っていました。それで、今年は場所を変えてみました。今のところスズメには気がつかれてないようです。小さい方の田んぼは最初に水が入るので水温が低く、出穂が遅れるのが良かったのかもしれません。今後もスズメに気づかれないことを願っています。

2013年8月 7日 (水)

畑の様子2013その6

8月に入り東北地方も梅雨明けして、ここ遠野も猛暑とまではいかないですが、そこそこ暑くなってきました。

Imgp9456

田んぼの横に植えた貧弱な苗だったヒマワリもちゃんと花を咲かせてくれました。夏本番です。

Imgp9459

大豆は旺盛に成長しています。このまま順調に成長して、シカの食害さえなければ豊作を期待できそうです。

Imgp9464

キュウリは朝夕の一日2回収穫しています。しかし一昨年や昨年に比べて収量は相当少ないです。栽培場所、定植方法、施肥方法、品種などいろいろ再検討が必要そうです。

Imgp9465

ピーマンもようやく収穫が始まりました。もう少し樹勢が欲しいところでしょうか?周りの草はこまめに刈っていますが、雨が多いのですぐに伸びてきてしまいます。

Imgp9474

スイカの実があちこちで見られますが、にぎりこぶしより少し大きいくらいで食べるのはまだまだ先です。でもスイカは暑くなってきた今の時期に食べたいですね。来年こそ7月終わり頃から収穫できるようにしたいと思います。

Imgp9490

サトイモ周りの草を刈り、堆肥を株元に播いて、土寄せしました。少しでも施肥した今年は昨年よりはいいようです。この後もっと大きく成長して欲しいです。

Imgp9475

とうもろこし(ピーターコーン)の実が少しづつ膨らんできたので、周りの草を刈って、電柵を張りました。昨年同様、10,20,40,60cm高さの4段に張りました。日中に太陽光パネルで発電してバッテリーに充電し、その電気を使って24時間電柵器が働いています。

Imgp9476

このトマトは、調理用イタリアントマトのサンマルツアーノです。数年間自家採種を続けています。病気には強くなくて、後半まで樹を持たせるのは難しい感じです。パスタにからめて食べると絶品です。

Imgp9480

ミニトマトもたくさん収穫中です。今年はタキイの千果とサカタのキャロルパッションという品種を作っています。どちらも甘くて割れにくくて病気にも強そうなので、生産者にとってはありがたいです。

Imgp9485

遠野は秋も後半になるとかなり冷え込んでくるので、この暑い時期に、秋野菜の白菜、キャベツ、ブロッコリーなどの育苗、定植をする必要があります。何回かに分けて種を播いて、防虫育苗箱の中で育苗中です。

Imgp9487

白菜の苗が大きくなってきたので、30株ほど最初の定植をしました。このあと、稻わらを全面的に敷きました。今畑では、ウリハムシなどが大発生中で心配ですが、なんとか無事成長してもらいたいです。

Imgp9457

田んぼでは、稲の穂が出てきました。日中は晴れていたので、稲の花も咲き始めていました。田植えは遅くなりましたが、やはり無肥料でやっていますので、どうしても早めに栄養成長から生殖成長に切り替わるのかなと考えています。

2013年7月25日 (木)

畑の様子2013その5

7月20日のマルシェ「空市」、この日は梅雨の晴れ間が広がり、雑木林の中にスローな時間が流れていたように思います。

Imgp8898

会場へ来ていただいた皆様、ありがとうございました。次回は新米が穫れる頃の時期に開催予定です。またのお越しをお待ちしています。

さて、まだまだ梅雨空が続くほさかた農園の畑の様子です。

Imgp8919

大豆畑です。順調に成長している感じです。向かって右側は草がおがってきました。

Imgp8923

ジャガイモは花が終わりつつあり、そろそろ収穫期に入ります。今年は梅雨空で涼しい日が続いているので、まだ葉は青々しています。メークインの一部は掘りあげて、先日のマルシェでお客様に買っていただきました。

Imgp8929

バジルは虫が多く、なかなか良品が穫れません。バジルペースト作りたいのですが、今年も厳しそうです。

Imgp8926

これは、コキアで別名ほうき草と呼ばれるものです。秋には紅葉がきれいになり、そのあとほうきに加工できるそうです。

Imgp8932

ニンジンは草に覆われていましたが、先日ようやく草取りしました。このあと間引きをします。形のいいニンジンを作るのは至難のわざです。

Imgp8947

挿し穂をしたサツマイモはようやく勢いがでてきました。なんとか秋には大きな芋を収穫したいものです。サツマイモは草に負けやすいのが昨年わかったので、こまめな草刈りを心がけたいです。

Imgp8943

ミニトマトは1,2段目が色づき収穫が始まっています。大玉トマト、調理用トマトも収穫始めました。

Imgp8950

ようやく仮植えしていた長ネギを定植しました。長ネギは結構草に弱いので、今後も草刈りの世話が欠かせません。

Imgp8948

晩秋の収穫を目指して、ハクサイ苗を育苗中です。キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーも育苗中です。虫害防止のため、メッシュを張った防虫育苗箱の中で育てています。

Imgp8917

田んぼの状態です。茎は太くなりかなりがっちりしてきました。ここまでくれば、なんとか今年もお米はとれそうな感じになってきました。あと、2週間くらいで穂が出てくるでしょう。

さて、うちの田んぼのホタルですが、2日前の夜は今までで一番多くのホタルを観察することができました。ホタルの乱舞とまではいえないですが、50匹くらいかそれ以上はいた感じがします。今までで一番見応えがありました。毎年少しずつでも増えていってくれればうれしいなと思います。

2013年7月12日 (金)

畑の様子2013その4

全国的に記録的猛暑になっているようですが、遠野は梅雨まっただなかです。この3日間は断続的に雨がしとしと降り続いています。6月終わりに腰を痛めてしまい、少しの間草取りを休んでいたのと、この雨のおかげで、畑はいたるところ緑の絨毯が蔓延してきました。

Imgp8715

6月20日に定植した大豆です。まだ乾いた状態の時にホーで草を掻いた左側の5列は地面が見えていますが、右側は株間に草がおがってきました。もうこれだけ成長してしまうと抜くことはきびしいので、鎌で刈っていくしかありません。

Imgp8720

長ネギの仮植え畝です。すっかり条間に草が入り込んでしまいました。土が乾いてから掘りあげて、定植する予定ですが、まだまだ雨が続きそうなので気をもんでいます。

Imgp8722

にんにくは葉の茶色が目立つようになり、株間には草がおがってきてるので、早く掘りあげて収穫したいところです。1日晴れて少しでも土が乾いてくれればいいのですが。

Imgp8724

遅まき(6月10日播き)のズッキーニです。8月後半から9月の収穫を目指しています。

Imgp8725

キュウリは少しずつツルを伸ばし始め、そろそろ収穫が始まります。通路には結構草がおがってしまいました。枯れてしまった苗の場所には遅まきして育てた苗を植え付けました。

Imgp8730

ズッキーニは若い実をどんどん収穫中です。毎朝の受粉作業と、朝夕の収穫が日課になっていて、9月いっぱいまで続きます。

Imgp8732

つるなしの金時豆とうずら豆、それに左側は小豆の畝です。あっというまに一面に草がおがってきました。もう草掻きはできないので、2,3回の草刈りをすることになります。

Imgp8733

里芋のまわりもあっという間に草だらけです。昨年もこんな感じでしたが、ことしは株間に鶏糞少々入れているので昨年よりは樹勢がいいようです。この後草刈り、追肥、土寄せ頑張ろうと思います。

Imgp8737

昨年の長ネギを1畝分だけ残しておいています。花が咲き種ができてきたようです。2,3日晴れたあとに刈り取りしたいと思っています。その後ろのネットに絡んでいるキヌサヤ、花付きも悪くなり、収穫終了が近づきつつあるようです。

Imgp8746

キヌサヤ、スナップエンドウからバトンタッチするのはインゲンです。ようやくピンク色の花が咲き始めました。定植直後は高温・乾燥が原因で活着不良でかなり遅れましたが、もう少しで収穫が始まりそうです。

Imgp8749

このビニールハウスは、すべてわき芽差しから育てたトマト苗を定植しました。定植時に咲いている花は取り除き、まず樹の成長を優先させて、9月からの収穫に期待します。

Imgp8751

種から育てたミニトマトようやく色がついてきました。本格的な収穫まであと2週間くらいでしょうか。

Imgp8718_2

田んぼの稲の方は、1週間ごとに確実に分けつを増やしている感じです。周りの田んぼはほとんど水面が見えないくらい稲株が大きくなっていますが、無肥料で育てているこの田んぼはまだまだ水面がよく見えています。

そういえば、昨晩、田んぼの上を飛んでいる3,4匹のホタル(たぶん平家ボタル)を確認しました。本当は数十匹から数百匹のホタルを見てみたいですが、毎年数匹のホタルは確認しています。多いときでも10匹くらいでしょうか。数は少ないですが、我が家の田んぼで毎年繁殖を繰り返しているようです。

2013年7月 5日 (金)

畑の様子2013その3

空梅雨がつづいた6月から一転して、ここ一週間は梅雨空が続いています。畑の野菜達は十分な水分をもらい元気になっていますが、草たちも元気であっというまに地面を覆ってきました。

Imgp8688

ジャガイモは先週よりさらに花が咲いてきました。ジャガイモは株間に一握りの鶏糞を与えただけですが、それだけでもここ3,4年の中では一番樹勢がいいようです。レッドムーンの赤い花が咲きほこっています。

Imgp8684

カボチャは最初の実がソフトボールくらいの大きさになってきました。

Imgp8689

もう、ニンニクが収穫の時期です。天気のいい日に掘り上げて、となりのカボチャにツルを伸ばしてもらう予定です。

Imgp8690

キャベツも収穫期になりました。タケノコ型の「みさき」という品種です。キャベツは無施肥とか肥料分が少ないと、固くて生でたべるとごわごわした感じになったのですが、この品種は生でたべても柔らかくおいしいので、この品種を作付けしています。でも、この形から、産直では売りにくいので、もっぱら自家消費になっています。

外葉はアオムシの食害がありますが、しっかり巻いていますので、中は問題ないです。

Imgp8693

キュウリは雨が多くなってようやく活着してきました。伸びてきたツルをネットに誘引して、最初のうちはすべてのわき芽や花も取ってしまいます。80cmくらい伸びてきてからは、わき芽も伸ばさせて、実もつけさせるようにします。

Imgp8694

レタスは6月中旬から毎食のように食べています。畑に残っているのは10個程度なので、なんとか腐らせずに自家消費できそうです。

Imgp8695

これは、こぼれ種で育ったコリアンダーです。葉を香草として料理に使えるようなのですが、うちでは使えていません。種をとってカレーのスパイスに使えたらいいなと思っています。

Imgp8696

ホームセンターで値段が下がってから買った長芋です。15本植えて、最後の1本もようやく芽を出しました。長いもだけ育てるのはもったいないと思って、つるありのインゲン豆を混植しています。

Imgp8700

ピーマンもさかんに成長しています。花が咲き始めたので、初収穫までもう少しです。

Imgp8701

ナスも雨が降るようになって、ようやく活着して勢いが出始めました。樹勢を優先するために、最初の花を取ってしまったのも多いですが、収穫が待ち遠しいです。

Imgp8710

ミニトマトは最初の2個ほど赤く色づいてきました。右側の列はわき芽差しから育てた苗を定植したものです。もうひとつのビニールハウスもほぼわき芽差しトマトを定植しました。

Imgp8678

稲の成長は順調そうです。思ったよりも水持ちが悪く、毎日早朝から午前中にかけて入水させるのが日課になっています。最初の1,2年はヒエが多かったこの田んぼですが、深水を意識した4年目以降は、ヒエは全く生えなくなりました。ですのでこの時期はまだ深水を心がけています。

2013年6月28日 (金)

畑の様子2013その2

先週土曜からまた晴天が続き乾燥状態になっていましたが、昨日のまとまった雨でまたほっと一息の野菜達です。本日の畑の様子です。

Imgp8612

まずは、スイカです。スイカは3種類、旭大和、大和クリーム、そしてF1の紅まくらを育てています。定植後の乾燥状態で活着が遅れましたが、ようやくツルを伸ばしてきました。古ネギを混植しています。

Imgp8613

こちらはマクワウリ。マクワウリは乾燥を好むようで、スイカに比べたら活着は早かった感じです。

Imgp8614

ジャガイモは花盛りです。赤い花はレッドムーン、白い花はとうやです。他に白に紫が混じるメークインも咲いています。

Imgp8610

昨年、何種類かのハーブを播きました。その中で、期待してなかったのに冬越ししたのが数種類あります。まず、こちらはセージです。紫の可憐な花をつけています。でも、あんまり料理とかに活用できていません。

Imgp8627

こちらは、(たぶん)ジャーマンカモミール。大株になり黄色い花をたくさんつけています。ローマン種とちがって香りはほとんど感じません。

Imgp8628

レモンバームも冬越ししました。お茶とかにすればいいのでしょうが、あまり活用していません。

これらの冬越しハーブはあちこちに点在していて、トラクタを使用するときは一気に耕さざるを得ないので邪魔になるのですが、トラクタを使用しない今は気軽に残すことができます。

Imgp8635

里芋です。昨年は小芋が少しとれただけでした。里芋はやはり肥料をあげないと大きくならないようなので、今後、追肥・土寄せなどする予定です。

Imgp8637

ズッキーニは収穫が始まりました。収穫初期はまだ実の形が定まりませんが、味はすごくジューシーでおいしいです。昨日からビッグハウス遠野店にも出荷を始めましたので、よろしくお願いします。

Imgp8649

トウモロコシは2品種です。左側がピーターコーン、右が先日定植したばかりのゴールデンバンタムです。ゴールデンバンタムは貴重な固定種のトウモロコシで、最初にピーターコーンを収穫して、そのあと交雑させないようにしてゴールデンバンタムを収穫し、自家採種もしたいと思っています。もちろん今年も電柵は張る予定です。

Imgp8650

タカノツメですが、交雑を避けるためピーマンから離して植えています。それにしても葉の色が薄く、まだ活着していません。この雨で根を伸ばして緑が濃くなるように期待しています。

Imgp8654

大玉トマトは1段目が肥大してきました。大玉トマトは3品種、自家採種、桃太郎系にくわえて、サターンという古い品種を栽培してみました。昔懐かしい味とのことですが、どんな味なのでしょうか、楽しみです。

Imgp8606

田んぼですが、ほんの少しですが緑が濃くなり、分けつも始まっている様子です。水の中のオタマジャクシは大きくなり、足が生えだしています。イトトンボの幼虫も見られるようになりましたが、まだ小さいです。

より以前の記事一覧