2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 長いも掘り | トップページ | 赤カブ甘酢漬け »

2012年10月25日 (木)

稲こぎ2012

今日は、朝は晴れで昼過ぎから曇りという予報でしたが、週末は予定もあるので、稲こぎを一気にやってしまいました。

Imgp7257

朝から快晴でしたが、今朝は冷え込んだので霜が降りたのか、太陽の当たらない側の稻わらが一部湿っていたので、稲こぎは10時半から始めました。

ハーベスターは一年に一回しか使わないので、どうしても操作ミスしまうことがあります。今日も、最初に排気口を開けるのを忘れて稲こぎ始めてしまったので、出てきた籾の中に大量のワラクズが混じってしまいました。でも始めてすぐに籾袋の中をチェックして気がついたので、排気口を伸ばして開いて、ワラクズ入りの籾をもう一度ハーベスタに通して、解決できました。

Imgp7267

一列やってUターンして、もう一列です。

Imgp7274

籾がハーベスタのどこからか漏れていないか常にチェックしていますが、このもう一列の時に、籾が漏れているのを発見しました。漏れている箇所をテープでふさぎ、漏れていた籾は、もう一度ハーベスタに通しました。

Imgp7277

稲こぎはなんとか、昼過ぎに終了しました。この頃にはすっかり曇り空。雨の心配もあるので、大急ぎでお昼ご飯を食べました。

Imgp7278

午後の作業は、まず籾の入ったハーベスタ袋を運び出して、倉庫の中の米貯蔵庫に格納します。このスチール製の貯蔵庫に入れておけば、ネズミ対策にもなります。籾で貯蔵するので、来年の夏を過ぎてもおいしく食べられます。

Imgp7282

次に稻わら運び。この手押しの一輪車にのせて、何度も何度も倉庫と田んぼを往復します。倉庫では崩れないように稻わらを積んでいきます。なんとか暗くなる前にすべての稻わらを運び出すことができました。

« 長いも掘り | トップページ | 赤カブ甘酢漬け »

農作業2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲こぎ2012:

« 長いも掘り | トップページ | 赤カブ甘酢漬け »